ICTインフラエンジニアとは

ICT INFRASTRUCTURE ENGINEER
img

ICTインフラエンジニアとはとはどのような仕事なのか?

インフラエンジニアは、IT分野のインフラであるインターネット通信を24時間365日提供し続けています。すでに確立しているインターネット通信の監視や、新しく建設されたビル、オフィスでインターネット通信ができるように、様々な機器の設置や初期設定を行うのがインフラエンジニアの仕事です。
電気・水道・ガスが途絶えると困るように、ITインフラの供給が途切れると多大な人の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。インターネット通信がなければ、メールの送受信もできなければ、ATMでお金をおろすこともできません。人目に触れることはほとんどありませんが、多くの人の生活を支える重要な仕事なのです。

Flow

業務の流れ

設計

●お客様の要求(機能、性能、コスト)を基に、インフラの設計書を作成します。
●どのようなマシンを使うかなどの技術的な仕事から、工期の設定といったプロジェクト進行まで仕事に含まれます。

開発

●機器の組み立て、取り付け(設置や配線など)、ソフトウェアのインストールと設定、構築したインフラのテストなどを行います。

運用・保守

●障害対応、キャパシティ管理(通信量の監視)を行います。
●お客様の疑問に答えるヘルプデスクも担当します。

Challenging

やりがい

img

生活に寄り添う仕事のため、常に必要とされています

インフラエンジニアは人の生活に寄り添う仕事のため、常に必要とされています。とくに運用・保守については、ITインフラが問題なく稼働するように24時間365日対応することも少なくありません。また、企業が新しい事業を始めることになると、ITインフラの設計や開発も発生します。インフラエンジニアは、運用しているインフラが企業内や社会などを動かしているという実感を持つことができる稀有な職業といえるでしょう。

Skill, Appropriateness, Qualification

必要なスキル・適正・資格

必要なスキル

ネットワークの知識、理解 インフラエンジニアの対応範囲は広いため、必要とされるスキルも様々です。中でもIP、MACアドレスやTELNETなどの知識は必要不可欠です。
ネットワーク機器の知識、理解 インフラエンジニアには、ルーター、スイッチ、ファイアウォールなどのネットワーク機材の設置や設定ができる方が望ましいです。
サーバー(Win、Linuxなど)の知識、理解 インフラエンジニアには、ラックへの設置(ラッキング)、設定、運用・保守の一連の流れと各工程への理解が必要となります。

資格

なし 必須と呼べる資格はありませんが、ネットワークに関する資格があればインフラエンジニアとして働く上で有利になるでしょう。

適正

お客様先に常駐して、直接コミュニケーションをとることができる方 要件定義など、お客様も参加する打ち合わせが行われることがあります。また、直接お客様に問い合わせたり、お客様から要望を求められたりすることもあるでしょう。
ITインフラへの興味 今やビジネスには欠かすことのできない重要なITインフラという分野に対し、強い興味と情熱を持っている方は大歓迎です。