派遣エンジニアとして働く

WORK
img

"派遣エンジニアとして働く"とはどのようなことなのか?

派遣エンジニアとは、派遣の契約形態でIT業種の仕事をする方のことをいいます。エンジニアの仕事を扱っている派遣会社に登録し、そこから派遣先企業に派遣されて仕事を開始するのが一般的な流れです。
近年、デジタルレイバーという考え方が普及するとともに、RPAやAIのスキルを持ったエンジニアの需要は急速に高まり、どの会社も人材の確保を急いでいます。その証拠に、これらのスキルを有した派遣エンジニアの賃金は上昇傾向にあります。
派遣エンジニアといえば、労働環境が厳しいという印象を持っている方も多いかもしれません。しかし、労働に関する法律の改正などによって労働環境は改善しており、むしろ様々なスキルが身につく仕事として人気が出てきています。刻一刻と変化する雇用状況において、派遣エンジニアは今の時代に合った働き方といえるでしょう。

Merit 01RPAなどの知識を幅広く得ることができる

派遣エンジニアとして働くことで、RPAなどの幅広い知識やスキルが身につきます。もちろん、新しい知識やスキルを吸収するのは簡単なことではありませんが、自身のスキルアップにつながるだけでなく、その中でよりよい仕事へステップアップすることも可能となります。

flow

Merit 02自由度が高い

派遣エンジニアの就業形態は、他の雇用形態と比較すると「自由度が高い」といえるでしょう。場所・時間・期間を自由に選び、自分の働きたい場所で、働きたい時間に、働きたい期間だけ働くことも可能です。また、昨今ではテレワークを導入する企業も増えているため、子育てや家族の介護といった事情がある場合でも、無理をせずに続けていくことができます。

flow

Merit 03仕事内容を選べる

派遣エンジニアは、「この仕事をしてほしい」といった仕事ベースで求人が出たり、派遣の募集が行われたりすることがほとんどです。そのため、自分のやりたい仕事を選んで働くことができます。エヌビーアイ株式会社では、これまでの経験を生かした職場を見つけられるようサポートしています。

flow

Merit 04様々な企業で経験が積める

派遣エンジニアの場合は、いろいろな会社でエンジニア業務に関わるため、多様な経験を積むことができます。こうしたそれぞれの派遣先での経験が、スキルアップにつながり、選択できる仕事もどんどん増えてゆきます。

flow

Merit 05人脈を広げることができる

エンジニアは、業務を通して周りの人との関係性を構築することが可能です。派遣エンジニアであれば、多くの企業で業務を行うこととなります。各職場で社内外の人脈の構築を繰り返し、やがて幅広い人脈を手にするでしょう。そしてその人脈から、新たな仕事を探したりプロジェクトに参加したりすることもできるようになります。

flow

Demerit 01正社員との待遇の違い

派遣スタッフとして就業する場合、正社員とは給料などの待遇面である程度違いが出てくるでしょう。給与は時給計算であることがほとんどなので、長期休暇のある月は収入が減ってしまいます。ただし、RPAなどの高いスキルを身につけていたら高い時給で働くことができます。優秀なエンジニアであれば、派遣になったことによって年収が上がるケースもあるのです。

flow

Demerit 02雇用期限に上限がある

労働者派遣法が改正され「派遣契約期間は同じ職場において3年を上限とする」と定められました。そのため、どれだけ気に入った職場であっても3年後には別の職場に移らなくてはなりません。とはいえ、派遣エンジニアとしてキャリア形成をしてゆくのであれば、流動的に働ける環境の方がむしろ好ましいという考え方もできます。

flow

Demerit 03スキルによって給与の差が大きい

派遣エンジニアの場合、持っているスキルによって給与に差が出ます。独自で新しい知識やスキルを吸収するのは、容易ではありません。そこでエヌビーアイ株式会社では、様々な機会を通して派遣エンジニアの皆様のレベルアップをサポートしてゆきます。

flow

Unsuitable 01ワークライフバランスを重視したい人

自分の希望する条件の中から仕事を探すことができるため、オンとオフを切り替え、プライベートな時間を大切にしたい人にとって、派遣エンジニアは魅力的な選択肢のひとつといえるでしょう。育児中や介護中などで制約のある人も、自分に合った仕事を見つけて働くことができます。

flow

Unsuitable 02現場で即戦力となるスキルを向上させたい人

ICT業界はトレンドや技術変遷が目まぐるしいため、同じ職場で同じ仕事だけを担当していても、最新の知識を得ることは期待できません。派遣エンジニアとして、多くの職場と仕事を経験していけば、トレンドを知りながら経験値とスキルを高めていくことができます。ちなみに、スペシャリストとして高いスキルを身につけると、報酬額が上がります。

flow

Unsuitable 03仕事を選びたい人

派遣の場合、紹介された仕事の中から自分の好きな仕事を選ぶことができます。契約期間と業務内容があらかじめ決まっている派遣エンジニアなら、「はじめこそRPAでロボット開発やICTインフラ構築の仕事をしていたが、気づけば事務作業ばかりで退屈…」ということもありません。

flow

Unsuitable 04新しい環境が好きな人

派遣エンジニアは、様々な職場に勤めることができるため、新しい仕事や人との出会いがたくさんあるでしょう。それらは自分にとって刺激や学びを必ず与えてくれます。エンジニアの知り合いが増えれば、切磋琢磨して学び合う機会にも恵まれるはずです。

flow

Unsuitable 05計画的なキャリア設計のもとで働きたい人

派遣の場合は、案件ごとの契約が基本となるため、次のキャリアや目標に応じた働き方の選択が柔軟にできます。ひたすらスキルを高め、満足のいくレベルに達したらそのまま次のキャリアに進むことが実現しやすいのは派遣の強みです。半年後、1年後、3年後にどんな自分でいたいかを考えている人にこそ、派遣という働き方は向いています。

flow

Unsuitable 01責任感のない人

派遣であっても、責任感を持って仕事をしなければなりません。派遣エンジニアは、派遣先でプロジェクトメンバーの一員となって働くケースも多く、限られた時間と期間の中で責任を持って仕事をこなす、プロジェクトを成功に導く原動力としての役割を期待されています。

flow

Unsuitable 02人間関係にナーバスな人

キャリアアップを図る上で、流動的に働ける環境は重要な要素です。しかし、同時に様々な人間関係もついて回ります。派遣エンジニアとしての就業先は、日商エレクトロニクスの優良顧客が中心となりますが、例えば、飲み会などに誘われなかったとしてもナーバスにならず、「誘われなくて当たり前」、「誘われればありがたい」くらいの気持ちで受け止めたいものです。

flow

Unsuitable 03新鮮な気持ちで働けない人

同じような仕事でも、仕事の進め方は職場によって異なります。新しい職場では、新入社員のような新鮮な気持ちで仕事の進め方や職場のルールを覚えなくてはなりません。それができない人は、周りを不快にさせてしまう可能性があります。

flow