RPA開発エンジニアとは

ENGINEER
img

RPA開発エンジニアとはどのような仕事なのか?

RPA(Robotic Process Automation)は、ロボットを使った業務の自動化ツールを指す言葉です。
そして「RPAエンジニア」とは、このRPAの導入やロボット開発を手がける職種のことです。RPAロボットの設計から運用、サポートまでを行うスペシャリストといえるでしょう。
RPAは、デジタルレイバー(ソフトウェアロボットを労働力として扱う考え方)と同義に捉えられることもあり、ソフトウェア上で働くロボットにより本来人間が行う作業を代替するものとして近年急速に利用が拡大しています。とくに事業所内での事務処理を多く抱える企業から引き合いがあります。
RPAエンジニアの役割は企業がRPAを利用するにあたり、導入時、開発時、導入後など、様々な場面でクライアントを支えることです。担当業務は、所属する企業により異なりますが、クライアントとの要件定義・設計といった調整、実際の開発、保守・運用などRPA活用の多様なシーンで活躍します。

Flow

業務の流れ

導入

まずはRPAの適用範囲と内容を確定させます。RPAには型があるものと柔軟に構築するものがあり、どちらも顧客課題への理解が重要です。上流工程からの参加にはRPA自体の知識、コミュニケーション力、設計力が必要です。

開発

RPAツールでロボットを構築し、顧客の求める動作シナリオを作成します。シナリオとは顧客の業務に近い形でデザインされた動作プロセスのパターンのこと。顧客によって異なる業務プロセスを把握する必要があります。

保守

稼働後に不具合が出たら、ロボットの修正や顧客への指示出しを実施。
また、マニュアル作成や社内説明会への参加が必要となる場合もあります。追加の機能拡張や大幅なメンテナンスの際は、シナリオを再作成します。

Challenging

やりがい

img

多くの企業にてRPAの導入が進んでます

現在多くの企業にてRPAの導入が進んでおり、ロボット構築や運用・保守を行う専門職である「RPAエンジニア」の求人・案件ニーズも増加傾向にあります。こうした時代背景から、「RPAエンジニア」としてのスキルアップや経験を積む仕事に巡り合える機会は少なくないでしょう。また、積んだ経験、得たスキルに応じて収入が上がっていくことは間違いありません。設計、開発に携わることで運用・保守の仕事に関わることもあります。

Skill, Appropriateness, Qualification

必要なスキル・適正・資格

必要なスキル

プログラミング・開発経験 プログラマーまたはシステムエンジニアとしての就業経験があれば、「RPAエンジニア」としての能力が発揮しやすくなります。
ITパスポート試験合格者もしくは同等知識 「ITパスポート試験」と同等の基礎知識が必要です。この試験では経営全般・IT管理・IT技術といった幅広い分野から基礎的な問題が出ます。そのため資格取得に向けて勉強することで、ITに関しての知識が深まります。

適正

お客様先に常駐して、直接コミュニケーションをとれる方 要件定義など、お客様も参加する打ち合わせが行われることがあります。また、直接お客様に問い合わせたり、お客様から要望を求められたりすることもあるでしょう。
RPAエンジニアになりたいと強く思っている方 働き方改革とともに日本に浸透しつつある、RPAという業務自動化ツールに強い興味と情熱を持っている方は大歓迎です。