ICTエンジニアとは

ENGINEER
img

ICTエンジニアとはどのような仕事なのか?

ICT(Information and Communication Technology)とは、情報通信技術のことを指す言葉で、いわゆるIT(Information Technology)の同義語にあたります。ICTエンジニアの仕事は、コンピューターのプログラムを利用して、顧客の要求を満たすシステムをつくり出すことがメインです。まずは要件定義、つまり実装すべき機能について顧客からしっかりと要望をヒアリングし、基本設計と詳細設計の仕様書をつくっていきます。その後プログラムのコーディングに入り、完成したらシステムのテストを実施。不具合などが発生しなければ納品となります。働き方改革が推進される今日の日本では、その対応の一環としてRPAを活用した自動化システムなどが主流になりつつあります。

Flow

業務の流れ

要件定義

要件定義とは、顧客より要求される目的を明確化し、洗い出すことです。
・目的業務の理解
・必要な機能、システムなど

基本設計

洗い出された目的や機能を仕様書にします。簡単にいうとプログラムの設計図です。具体的には画面上のボタンを押したらこういう作業が始まる、データベースにアクセスしてデータを保存するなど、機能を文章化する作業です。

詳細設計

基本設計で設計したことをさらに細かく仕様設定する作業です。項目の数字や文字の種類、入力バイト数などを決めていきます。

実装

仕様書に準じて、プログラマーがプログラミングを行います。一般的にエンジニアを目指す方が最初に担当する工程です。規模にもよりますが、複数人が工程ごとにシステムを作成し、結合して後にテストを実施します。

テスト

作成されたシステムの稼働テストです。テストには、システム単体の単体テストや複数のシステムを合わせた結合テスト、高負荷などの設定を決めたシナリオテストがあります。システムの品質向上を目的とした作業です。

運用・保守

システムを実装し、各種サーバーの設定やセットアップ、利用手順書を作成します。顧客に納品するため、文書作成能力も必要です。契約次第では納品後に問い合わせや不具合の対応、サーバーメンテナンスなどを行います。

Challenging

やりがい

img

エンジニアにとっての最大のやりがい

エンジニアにとっての最大のやりがいは、やはり顧客から要求されたシステムをチーム一丸となって完成させたときに味わうことのできる達成感ではないでしょうか。さらに、このような成功体験は自信にもつながり、スキルアップや成長をしっかりと実感できるはずです。また、この結果によって収入のアップやより責任のあるリーダー職での就業が可能になります。こつこつと打ち込むことで、この好循環を維持できるのです。

Job Description

職種紹介

システムエンジニアJob 1

実装する機能を決定する要件定義から納品まで一連のシステムの流れに携わる職です。システム作成における各工程の理解が必要となります。

開発エンジニアJob 2

プログラマーなど工程に特化したエンジニアです。アプリやソフトウェアの制作に際し、実際に開発にあたります。

インフラエンジニアJob 3

データベースやネットワークなどの設計や構築を行うエンジニアです。主に会社全体で使うシステムの導入や保守を行い、利便性を上げることを目的としています。

Skill, Appropriateness, Qualification

必要なスキル・適正・資格

必要なスキル

ITの基礎知識 「ITパスポート試験」と同等の基礎知識が必要です。この試験では経営全般・IT管理・IT技術といった幅広い分野から基礎的な問題が出ます。そのため資格取得に向けて勉強することで、ITに関しての知識が深まります。
プログラミング言語の知識とシステム開発における各工程(要件定義、設計、プログラム作成、テスト)の理解 プログラマーまたはシステムエンジニアとしての経験が必要となります。開発言語や保有スキルが多ければ多いほど有利になります。
ネットワーク構築の理解 ICTエンジニアにはルーター、スイッチなど実際に手に取って触れる機材やIP、MACアドレスなどの知識も必要不可欠です。
サーバー設置方法の理解 ICTエンジニアにはラックの設置(ラッキング)および設定、運用と保守の一連の流れと各工程への理解が必要となります。

資格

なし 必須と呼べる資格はありませんが、ネットワークに関する資格があればICTエンジニアとして働く上で有利になるでしょう。

適正

OSの理解 ICTエンジニアには、コンピューターの管理や制御を行うWindowsやLinuxなどのオペレーションシステム(OS)に関する基礎知識が必要です。
お客様先に常駐して、直接コミュニケーションをとれる方 要件定義など、お客様も参加する打ち合わせが行われることがあります。また、直接お客様に問い合わせたり、お客様から要望を求められたりすることもあるでしょう。