自社でのRPA活用事例①

RPA

~ 雇用保険手続き(離職票) 編 ~

 
ここでご紹介する雇用保険手続き(離職票編)とは、退職した従業員がハローワークで手続きをすることにより、失業保険を受給するために必要な書類 「雇用保険被保険者離職証明書(安定所提出用)」を人事部門で作成する手続きです。
RPA活用により大幅な業務工数の削減に成功した当社人事部門での事例をご紹介します。
 

RPA適用前・後の業務フロー 


【改善前】 迅速な手続きが必要だが、手間・時間が非常にかかっていた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【改善後】 業務の一部をRPAによる自動処理化することで大幅な工数削減を実現した。

 

 

 

 

RPA導入の効果

    ・ RPAの導入により、煩雑な書類作成業務を自動化  

  ・ 書類作成にかかっていた工数を92%削減

  ・ 他の雇用保険手続(資格取得・氏名変更など)へのRPA適用が現実化

 

  <RPA導入前後の月間作業時間比較>

 

RPAを活用するメリット

  •   ●ひとつの業務専属ではなく、複数業務に使えるRPAなら汎用性がかなり広がります。
  •   ●その結果として、電子申請の外部APIを導入するよりも安いコストで自動化が可能となります。

 

お問い合わせはこちら >